HISTORY かね七の歴史

創業明治17年 味づくり100年
明治・大正の頃
明治・大正の頃

Meiji & Taisyo Era 明治・大正の頃

明治17年(1884年)
煮干の卸業者として「石黒商店」創業
大正 7年(1918年)
称号を「石黒重次商店」に変更
花がつお・削りぶし発売
昭和初期の頃

Early Showa Era 昭和初期の頃

昭和17年(1942年)
石黒重次商店 花がつお・削節工場増設
昭和19年(1944年)
金属供出強化により削り機15台中10台を供出
昭和24年(1949年)
原材料の配給制により生産を縮小
富山化学工業株式会社当社工場に疎開
昭和25年(1950年)
物資統制解除に伴い石黒重次商店 煮干・花かつおの製造販売を再開 桃太郎印使用開始
昭和30年(1955年)
石黒重次商店 煮干冷蔵庫新設
昭和中期の頃

Mid Showa Era 昭和中期の頃

昭和36年(1961年)
石黒重次商店をかね七海産株式会社に法人改組・先代石黒重次会長に就任
昭和37年(1962年)
かね七海産(株)味付海苔発売
煮干冷蔵庫新設
昭和38年(1963年)
かね七海産(株)本社工場を現在地富山市水橋畠等に新設移転
昭和40年(1965年)
かね七海産(株)優良工場施設として厚生大臣賞受賞・日本農林規格認定工場に指定
昭和後期の頃

Late Showa Era 昭和後期の頃

昭和41年(1966年)
かね七海産(株)のりかつお発売・本社煮干冷蔵庫新設
昭和42年(1967年)
かね七海産(株)仙台支店・熊谷支店開設
昭和43年(1968年)
かね七海産(株)本社事務所・煮干冷蔵庫(収容能力1,800t)新設
昭和47年(1972年)
かね七海産(株)練製品「いか風珍味」発売
昭和48年(1973年)
かね七海産(株)花かつお農林大臣賞受賞
かね七海産(株)かつおパック発売
昭和49年(1974年)
かね七海産(株)第7回加工海苔品評会優秀賞受賞
かね七海産(株)練製品工場新設
かね七海産(株)日立営業所開設
昭和後期の頃 昭和後期の頃
昭和52年(1977年)
かね七海産(株)札幌支店開設
かね七海産(株)カルシウム小魚発売・F級冷蔵庫(収容能力1,700t)新設
昭和53年(1978年)
かね七海産(株)そうざい「昆布巻」発売
昭和54年(1979年)
かね七海産(株)ほたるいか珍味・浜つくり発売
かね七海産(株)・大協薬品工業(株)東京支店新築
昭和55年(1980年)
かね七海産(株)仙台支店新築
オールウェザーテニスコート完成
昭和56年(1981年)
かね七海産(株)本社管理社屋建設
かね七海産(株)TQC活動導入
昭和57年(1982年)
かね七海産(株)名古屋支店新築・事務処理第一OA化実施
昭和58年(1983年)
全支店ファクシミリ網完成
昭和59年(1984年)
かね七海産(株)中国秦皇島市友好訪問団市長来訪・創業100年を迎え社名を「かね七株式会社」に変更
かね七・大協グループ創業100年記念式典
昭和61年(1986年)
高温高圧調理殺菌機(レトルト殺菌機)導入
平成・令和

Heisei & Reiwa Era 平成・令和

平成元年(1989年)
ドーム工場(花かつお・鰹パック・海苔)新築
平成 2年(1990年)
フリーズ・ドライ(真空凍結乾燥)製品発売
平成 5年(1993年)
煮干冷蔵新築(移動ラック式)・煮干工場新築
平成 9年(1997年)
健康食品 海草麺を発売
平成13年(2001年)
ISO9001認証取得 品質方針『お客様に安全で信頼される商品づくりをする』
平成29年(2017年)
だしパック工場新築・国内初となる粉体殺菌装置ソニックステラ導入
平成30年(2018年)
だしパック自動充填包装ライン導入
令和 2年(2020年)
中国山東省威海市にて合併会社「金七(威海)海洋生物科技有限公司」設立
令和 3年(2021年)
ISO22000認証取得(予定)
page top